産経ニュース

自民・稲田政調会長「真のチャンピオンは倒れても立ち上がる人」 米シンクタンクで講演(全文)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


自民・稲田政調会長「真のチャンピオンは倒れても立ち上がる人」 米シンクタンクで講演(全文)

9月30日、米ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で講演する稲田朋美政調会長(加納宏幸撮影)

 「しかし、日本の男女平等の指数は世界142カ国中104位です。これは、企業における管理職割合と政治参画が惨澹たる結果だからです。女性の国会議員はわずか10%です。私はちょうど10年前に政治家になりました。私は、自身の選挙区から選出された59年ぶりの女性衆院議員です」

 「日本にはM字カーブという言葉があります。女性が結婚や出産を機に仕事をやめ、子供が成長してからようやく仕事に戻るので、子育て世代の女性の就業数が減ってしまい、Mの字になるということを表しています。これらの女性にどのようにフルタイムの雇用に戻ってもらうかが大きな課題です」

 「女性活躍の政策は、女性のためのものではありません。私は行革担当相のときに、多様な働き方を推進する社会をつくるために、勤務時間の改革を提唱しました。何時間働いたかではなく、何を成し遂げたかで評価しなければなりません。女性が働きやすくするためだけではなく、男性がより充実した人生を送るために、ワークライフバランスを評価するメカニズムも必要です」

 「8月末には東京で、女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムの第2回会合を開きました。女性の活躍を支援するため、国民の意識を高め、世界のグッド・プラクティスを共有する取り組みを世界にも広めたいと思っています」

 「次に、日本の将来に向けた課題についてお話しします。これまでに経済・財政政策、外交、女性の活躍についてお話ししましたので、文化と青少年交流に焦点を当てたいと思います。日本の豊かな伝統や文化は、これまでも海外において大きな関心を集めてきました。私は初代の『クールジャパン』戦略担当相として、さまざまな活動を始めましたが、多くの外国の人々が日本に対する理解や親近感を深めてもらい、うれしく思います」

「ニュース」のランキング