産経ニュース

【新国立競技場】ザハ・ハディド女史ついに公募参加を断念 逆襲の一手はあるのか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【新国立競技場】
ザハ・ハディド女史ついに公募参加を断念 逆襲の一手はあるのか?

 仕切り直しとなった2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設に絡み、見直し前のデザインを担当した英国の女性建築家、ザハ・ハディド氏の“次の一手”に注目が集まっている。9月中旬に締め切られた設計・施工を一体的に担う業者の公募では、パートナーの施工業者が見つからず参加断念を余儀なくされたが、建設業界では「ハディド氏は本当に参入をあきらめるのか」と半信半疑だ。新国立には設計関連業務も多く、何らかの形で関与するとの見方は消えていない。

競技場のデザインに2年を費やしたのに…ハディド氏側から“嘆き節”

 「現在のデザインチームには参加の機会が閉ざされた」「2年を費やした競技場のデザインをこれ以上進展させられず失望している」-。

 新国立の事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が業者公募を締め切った9月18日。参加への強い意欲と自信を示していたハディド氏の建築事務所は参加断念を知らせるコメントの中で“恨み節”をにじませた。

 「キールアーチ」と呼ばれる2本の巨大な弓形の柱を特徴とする流線形のデザインで平成24年の新国立競技場をめぐる国際コンペを勝ち抜いたハディド氏。総工費が当初の1300億円から2520億円に膨張する中で批判が高まり、今年7月に白紙撤回が決まった。しかし、新国立参入への意欲は衰えず、9月7日に旧整備計画で設計業務を担当した日建設計とのチーム結成を発表し、業界を驚かせた。

続きを読む

「ニュース」のランキング