産経ニュース

【秘録金正日(44)】女性だけを選抜「喜び組」の原型 暗室でやり放題、秘密パーティーの中身とは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【秘録金正日(44)】
女性だけを選抜「喜び組」の原型 暗室でやり放題、秘密パーティーの中身とは…

金正恩体制下の幹部向け宣伝映像に登場した高英姫(左)と金正日=2012年6月(RENK提供) 金正恩体制下の幹部向け宣伝映像に登場した高英姫(左)と金正日=2012年6月(RENK提供)

 「彼は大学卒業後、芸術を指導すると称して俳優らの中に入り、多くの女優と関係を持った」と、正日を間近で見てきた元書記の黄長●(=火へんに華)(ファン・ジャンヨプ)は指摘する。

 「彼が組織した楽団や芸術団も彼に喜びを与えるために仕える集団であり、封建王朝の侍女集団とみてもおかしくない」

 精力に満ち、浮気が絶えない夫を成恵琳はねたみ、心を病んでいった。モスクワでの長期治療に付き添った李韓永は振り返る。

 「寝ていると思ったら突然、泣き叫んだり、食卓でもヒステリーを起こしたりした。僕と話している途中でも、ふと金英淑(ヨンスク)を思い出してしまう様子だった」

 当時はまだ高の存在を知らず、恨みつらみを正妻の英淑にぶつけていたのだ。

 恵琳がモスクワで過ごした北朝鮮大使館所有のマンションの部屋には、金日成と正日の肖像画が掛けられていた。恵琳は、肖像画に向かって「女に溺れたやつ!」とわめき立てることもあった。

 積もり積もった恨みの矛先を、横柄な態度で恵琳を冷遇した正日の妹にも向け、「(金)敬姫(ギョンヒ)がそんなに大事なら兄妹で暮らせばいい」と吐き捨てることもあったという。=敬称略

(龍谷大教授 李相哲)

次のニュース

秘録金正日のニュース

このニュースの写真

  • 【秘録金正日(1)】最後の電話は「正恩へのいらだち」 愛娘と禁断のワインを手に…

「ニュース」のランキング