産経ニュース

【舛添知事定例会見録】都市外交を再始動、3カ国歴訪へ 医師の指示受け「10月解禁」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
都市外交を再始動、3カ国歴訪へ 医師の指示受け「10月解禁」

定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=9月25日、新宿区の東京都庁

 《9月24日午後2時から都庁会見室で》 

【冒頭発言】

 「この秋に予定している海外出張についてお知らせします。10月19日から20日まで大韓民国・ソウルに出張します。これは10月20日から開催される『第16回世界知識フォーラム』での講演依頼を受けたもので、世界中から150名以上の有識者が参加するこのフォーラムで、2020年大会を契機として、未来に向けて力強く発展する東京の姿をアピールしたいと思っています。また、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長と公開対談を行い、友好都市であるソウル市との関係をより豊かなものとします。フォーラムの中で、私がまず講演をして、その後、ソウル市長と公開で議論します」

 「次に10月27日~11月2日までフランス・パリとイギリス・ロンドンに出張します。今回のパリ訪問は、パリ市から招待を受けたもので、都知事としては25年ぶりの公式訪問となります。アンヌ・イダルゴ市長とお会いして、互いの都市に共通する課題について幅広く意見交換と行うとともに、友好都市のパリ市との関係を一層強化したいと思っています。ちなみに東京大会の次の夏の五輪にパリも手を挙げています。パリでは現地で講演を行い、フランスの経済界、行政関係者、メディアなどに対して、2020年の先を見据えた東京の将来像をしっかり伝えたいと思っています」

「ニュース」のランキング