産経ニュース

【日本スプリントの挑戦(30)】16歳・サニブラウンの驚異の飛躍を生んだ育成法とは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦(30)】
16歳・サニブラウンの驚異の飛躍を生んだ育成法とは…

北京での世界陸上男子200mで準決勝に進出したサニブラウン・ハキーム 

 世界選手権男子200m準決勝を終えたサニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が取材エリアに引き揚げてきた。

 20秒47(向かい風0.2m)の5着。「もっと良いタイムが狙えるかなと思ったけど。最後は気持ちが切れた。思うように粘れなかった」。向上心の強い高校2年生は、初めてのシニアの世界大会にも関わらず、準決勝敗退という結果を良しとはしない。

 それでも、質問に答える顔には穏やかな笑みがあった。

 「楽しかった。勝負できたらもっと楽しかったと思う」

■破竹の勢いで自己ベスト更新

 今季は走れば走るだけタイムが伸びた。「予想外ですね。こんなにベストを大きく更新できると思わなかったので」と本人も驚きを隠さない。

 特に得意の200mの伸び率は、100分の1秒を競う短距離種目において驚異的である。

 昨年までの自己記録は21秒09。それが5月の静岡国際で20秒73(向かい風0.1m)。6月の日本選手権では20秒57(追い風0.8m)-。

このニュースの写真

  • 16歳・サニブラウンの驚異の飛躍を生んだ育成法とは…
  • 16歳・サニブラウンの驚異の飛躍を生んだ育成法とは…
  • 16歳・サニブラウンの驚異の飛躍を生んだ育成法とは…

「ニュース」のランキング