産経ニュース

【政治デスクノート】これじゃ「韓国以下」だ 安保国会の悲しき実態

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
これじゃ「韓国以下」だ 安保国会の悲しき実態

参院平和安全法制特別委で安保関連法案の採決をめぐり委員長席付近でもみ合う与野党の議員=9月17日

 安保法連法が成立した直後、民主党の蓮舫代表代行は「数が足りなかった」と振り返った。岡田克也代表も「数が足らず残念な結果になった」と述べた。衆参両院で少数派に甘んじている自党の現状を嘆くとともに、来年の参院選で勝利して、安保関連法の廃止を目指すのだという。

 もちろん、議会で多数派を形成することは、議会制民主主義において政策を実現するための必要条件だ。しかし、多数派を追い求めるあまり、「数合わせ」に終始したが結果どうなるかは、民主党自身が一番知っているはずだ。

 安保関連法が成立したその日、共産党は来夏の参院選での選挙協力を他党に呼び掛けた。「『戦争法案廃止の国民連合政府』で一致する野党が、国政選挙で選挙協力を行おう」と提案している。よもや、岡田氏がその誘いに乗ることはないと信じたい。

(政治部次長船津寛)

このニュースの写真

  • これじゃ「韓国以下」だ 安保国会の悲しき実態
  • これじゃ「韓国以下」だ 安保国会の悲しき実態

「ニュース」のランキング