産経ニュース

【中韓たじろぐ日本技術 新素材(5)】「ウエアラブル繊維」人の動きを感知 帝人の圧電ファブリック

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中韓たじろぐ日本技術 新素材(5)】
「ウエアラブル繊維」人の動きを感知 帝人の圧電ファブリック

ひじの部分に圧電ファブリックを張ることで、ロボットに同じ腕の動きをさせられる

 ウエアラブル端末の本命として「服」が注目されている。米アップルの「アップルウオッチ」など腕時計型や眼鏡型端末が先行するが、体の動きを正確に捉えるなら服の方が向いているとされる。あらゆるモノがインターネットにつながる「インターネット・オブ・シングス(IoT)」時代の主役に服を位置付けようと、日本の繊維産業の取り組みが加速している。

 革ジャンを着て腕を曲げてみる。すると、そばにあるマネキンがまったく同じ動きをした。次はねじるように腕を動かすと、やはり同じ動作を繰り返した。着ている革ジャンの肘の部分に貼り付けた布地の作用だ。

 この布地は、帝人が今年1月にウエアラブル機器の展示会で披露した「圧電ファブリック」。展示会では、Yシャツやシューズの中敷き、クッションカバーも紹介した。

布が体の動きを検知

 圧電とは力を加えると電気が発生する現象をさす。石原健一環境エネルギー・先端素材事業推進班長は「曲げたり、ひねったりした際に糸から発生した電気信号を検知し、別の繊維を経由してその情報をマネキンに送っている」と“からくり”を説明する。

このニュースの写真

  • 「ウエアラブル繊維」人の動きを感知 帝人の圧電ファブリック

「ニュース」のランキング