産経ニュース

【話題の肝】行き過ぎ? 性的少数者へ配慮で小学校の男女別トイレ廃止 憤懣ぶちまける親の抗議デモ騒ぎに

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の肝】
行き過ぎ? 性的少数者へ配慮で小学校の男女別トイレ廃止 憤懣ぶちまける親の抗議デモ騒ぎに

カリフォルニア大学アービン校の校舎内に設置された男女共用(ジェンダーニュートラル)トイレ。入り口にはトランスジェンダーのシンボルマーク(左端)が掲げられている(ロイター)

 ある母親は地元メディアに「息子は髪の毛を伸ばし女児用の服を着ている。夏のキャンプでは、男女に分かれたトイレをどちらも使いづらくて困ったといっていたので、これからは懸念が軽減される」と話した。

 米国の学校ではトランスジェンダーの生徒の処遇を改善するのが一大潮流になっており、大学レベルでは、カリフォルニア大学が昨年9月、州内にある10のキャンパスで、独立した個室のトイレ全てを男女どちらでも使えるようにすると決め、必要な措置を施した。ただ、トイレの問題は論争も起こしている。

■ミズーリでは抗議デモ

 ミズーリ州ヒルズボロのヒルズボロ高校では先週、髪を長くし女装したトランスジェンダーの生徒が女子用のトイレや更衣室を使ったことに抗議して女子生徒約150人が授業をボイコット。さらに親たちも抗議デモを行うという騒ぎがあった。

 この学校には、既に一部に男女共用トイレが備えられていたが、トランスジェンダーの生徒はこれに満足できず、教育委員会に「女子トイレを使用できるようにしてほしい」と直談判。これを教育委員会が認めたために起こった騒動だった。

 結局、教育委員会は女子トイレの使用許可を取り消し、7人いる教育委員のうち3人が10日に辞任した。辞任した3人のうち2人は理由を語らなかったが、1人は地元メディアに「哲学的見解の相違があった」と述べた。

「ニュース」のランキング