産経ニュース

【中韓たじろぐ日本技術 新素材(1)】ペットボトルでガラス超え 高級感と高い空気遮断でワインボトルに採用 三菱樹脂

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中韓たじろぐ日本技術 新素材(1)】
ペットボトルでガラス超え 高級感と高い空気遮断でワインボトルに採用 三菱樹脂

三菱樹脂の「ハイバリアPET」はワインや清酒で採用を広げている

 コンビニエンスストアや酒店で売られているワインや清酒の容器に新しい流れが起きている。ガラス瓶や紙パックだけでなく、ペットボトルが使われつつあるのだ。ペットボトルは気密性の問題などで酒の容器には不向きとされていたが、三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂が、極めて高い外気の遮断性能を持ち、質感もガラスと変わらない技術を開発した。

高いバリア性

 ワイン最大手、メルシャンの主力製品「ビストロ」の容器は一部紙パック入りを除き、全てペットボトルだ。外見は瓶入りと何ら変わらず、触ってみて初めて、それがペットボトルだと気づく。ガラス瓶並みに高級感もある。この容器は「ハイバリアPET」の名称で三菱樹脂が製造・販売しているペットボトルだ。三菱樹脂は約10年前、酒用ボトルを業界に先駆けて開発した。

 ペットボトルは軽くて持ち運びやすい上、割れる心配がない。軽い分だけトラック輸送時の燃費が改善されるので費用が抑えられるほか、二酸化炭素(CO2)排出量も減らせるため、環境負荷低減という時代の要請にもかなっている。

 しかし、内容物が酒に変わるだけでペットボトル化は格段に難しくなる。ほんのわずかでも、酸素が内部に侵入したり、水分が気化して漏れ出たりするだけで、品質が大幅に劣化してしまうからだ。蒸留酒ではないワインや清酒は特に風味を損ないやすく、酸素などを遮断するバリア性が必要だ。

このニュースの写真

  • ペットボトルでガラス超え 高級感と高い空気遮断でワインボトルに採用 三菱樹脂
  • ペットボトルでガラス超え 高級感と高い空気遮断でワインボトルに採用 三菱樹脂

「ニュース」のランキング