産経ニュース

【ご当地アイドル発見】沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ご当地アイドル発見】
沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了

「らぐぅんぶるぅ」の左からじゅん、あや、りほ、まいこ、沖縄県内で有名な御菓子御殿の衣装で「かもね!?」ポーズ

 ステージ衣装のアクセサリーやオリジナルソングの歌詞に紅芋など沖縄の特産品を盛り込む同県出身、16、17歳の4人組ユニット「らぐぅんぶるぅ」。他県のスイーツPRに当地に出向いてイベントするなどユニークな活動も行う。南国のほんわかした甘い魅力でファンを魅了する。

沖縄の空と海をイメージ

 「他のグループにはない“ゆるさ″が魅力です。歌は初めて見た方でも一緒に歌って踊れて、一度曲を聴くと頭から離れませんよ」と笑顔でユニットの魅力を話すのは、長女的存在のりほ(17)だ。

 平成23年に母体となった「らぐぅん」が3人で結成され、24年に現メンバーの、りほとあや(16)が妹分ユニットとして「らぐぅんぶるぅ」を結成した。

 25年1月に初期メンバー全員が卒業し同年3月にまいこ(16)が加入、現在の「らぐぅんぶるぅ」が誕生した。27年2月には、じゅん(16)が加入し、4人態勢になった。

 激しいダンスが持ち味のあやは、「劇団のオーディションを受け、りほ先輩と出会ったことがきっかけで、翌年、2人で結成することになりました」と当時を振り返る。

 ユニット名は、沖縄の深い青空の色と美しいサンゴ礁の入り江(ラグーン)にちなんだ。スタート時の名前は「らぐぅん」だったが、26年にメンバーがフルチェンジした際、旧メンバーとの差別化の意味を込めて、妹分の「らぐぅんぶるぅ」をユニット名にした。

ネクタイも紅芋!

 「機会があって平成23年に沖縄の企業で講演した際、地元企業のテーマソングを作曲し地元のアイドルが歌う仕組みを提案した。直後に東日本大震災が発生。沖縄に軸足を移し現地から全国に元気を発信していくことを決断した」

 映像・グラフィックデザイナー・作詞・作曲とマルチな活躍をするプロデューサーの村上明彦は、ユニット誕生のいきさつを明かす。

このニュースの写真

  • 沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了
  • 沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了
  • 沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了
  • 沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了
  • 沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了
  • 沖縄・らぐぅんぶるぅ(上)紅いも、ブルーシール…衣装も楽曲もウチナー風で“ゆる~く”魅了

「ニュース」のランキング