産経ニュース

【話題の肝】「スポーツ吹矢」がジワジワと人気拡大 すでに会員4万人超 腹式呼吸で健康維持にも効果あり

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の肝】
「スポーツ吹矢」がジワジワと人気拡大 すでに会員4万人超 腹式呼吸で健康維持にも効果あり

大きく呼吸をした後、吹き筒を両手で支えて腹から一気に吹いて的を射る「スポーツ吹矢」。健康維持がはかれることも魅力だ

 水中から顔を出した忍者がフッとひと吹きすると、見張りが悲鳴を上げて倒れる-。時代劇でおなじみのこんなシーンで登場する吹き矢が今、スポーツとして脚光を浴びている。平成10年に設立された一般社団法人「日本スポーツ吹矢協会」は、会員数が4万人を超え、東南アジアやハワイにも支部が作られている。筋力を使わず気軽に腹式呼吸の訓練ができることから、「健康にもいい」と高齢者を中心に人気を呼んでいる。(橋本昌宗)

吹き矢に競技性を持たす

 吹き矢というと、現在でも狩猟などに使われることがあるが、日本では江戸時代、矢を吹いて的に当てて楽しむ遊技のひとつとして親しまれてきた。協会の前理事長で創設者の青柳清氏=故人=は、健康のため気功を学んでいたが、興味を持ち続けることができず、「楽しみながら腹式呼吸の訓練ができる」と吹き矢に注目した。「的に当てるゲーム性もあって長く楽しめそうだ」と考え、国民的な生涯スポーツにしようと活動を始めた。

 当初はただ的を狙って吹くだけだったが、飽きずに楽しく続けられるようにルールを整えた。

このニュースの写真

  • 「スポーツ吹矢」がジワジワと人気拡大 すでに会員4万人超 腹式呼吸で健康維持にも効果あり
  • 「スポーツ吹矢」がジワジワと人気拡大 すでに会員4万人超 腹式呼吸で健康維持にも効果あり
  • 「スポーツ吹矢」がジワジワと人気拡大 すでに会員4万人超 腹式呼吸で健康維持にも効果あり

「ニュース」のランキング