産経ニュース

【トレンド日本】日本は世界屈指の「社史」大国 世相映し出す鏡として海外でも注目 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
日本は世界屈指の「社史」大国 世相映し出す鏡として海外でも注目 

開架式の棚に社史が所狭しと並ぶ川崎図書館の社史室(川崎市川崎区)

 厚い、重い、社員すら読まない…。退屈な本の代名詞のように思われ、何かと敬遠されがちな社史。だが、実は日本は世界屈指の「社史大国」で、毎年約200点がコンスタントに刊行されるなど、書籍として立派に一ジャンルを形成している。近年は海外の研究者からも注目を集める社史の世界に迫ってみた。(磨井慎吾)

 「研究を始めるまでは、社史は退屈という先入観に毒されていたが、実際に現物を読んでみると、全然違った印象を受けた。特に面白いのは創業期で、会社はこうやってできるんだ、ということがよく分かるし、ずっこけるような意外な話も出てくる」

 社史の魅力をこう語るのは、大部の研究書『社史の研究』(ダイヤモンド社)の著者で、社史研究の第一人者として知られる村橋勝子さんだ。

デジタルよりも紙

 村橋さんによると、日本の社史は明治30年代から本格的刊行が始まり、戦後の高度成長期に急増。昭和60年代にピークを迎え、この時期は年平均約370点を数えた。今世紀に入ってからは年平均200点ほどで推移しているという。

 ただ、社史は商業流通に乗らない非売品がほとんど。国立国会図書館にもすべてが納本されるわけではないため、刊行実態が把握しにくく収集は難しい。

このニュースの写真

  • 日本は世界屈指の「社史」大国 世相映し出す鏡として海外でも注目 

「ニュース」のランキング