産経ニュース

【日本の議論】100歳記念の銀杯、「無駄遣い」との指摘受け銀メッキ製に… 高齢者増で地方自治体も続々とお祝いを簡素化

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
100歳記念の銀杯、「無駄遣い」との指摘受け銀メッキ製に… 高齢者増で地方自治体も続々とお祝いを簡素化

100歳を迎える高齢者に贈呈されてきた純銀製の銀杯

 100歳を祝い、老人の日(9月15日)に首相から贈られる純銀製の「銀杯」が来年度から、銀メッキ製など安価な素材に変更される。厚生労働省は高齢者の増加でふくらむ事業費を考慮し、材質変更とともに、次年度以降にも「繰り越し」できるよう刻印の見直しも検討するという。ただし“節約”の効果は1個あたり約3800円。30兆6675億円に上る厚労省予算の中では「焼け石に水」の感は否めない。(伊藤弘一郎)

発想の転換必要と“待った”

 銀杯は直径9センチ、高さ3・2センチで純度99・7%以上の純銀仕立て。中央に「寿」、裏面には年月日や「内閣総理大臣」の文字が刻まれている。単価は時々の銀の価格によって異なるが、桐箱などを含めて約7600円相当。事業は老人福祉法に基づき、100歳を迎える人の長寿を祝い、社会への貢献を感謝する目的で、昭和38年度に始まった。今年度の対象者は3万379人(9月1日現在)で、予算は約2億6千万円を計上している。

「ニュース」のランキング