産経ニュース

【衝撃事件の核心】これが教育者なのか?! 文理佐藤学園令嬢の異常な金銭感覚 私的流用計1480万円、海外出張2年半で285日間、ホテル1泊7万円…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
これが教育者なのか?! 文理佐藤学園令嬢の異常な金銭感覚 私的流用計1480万円、海外出張2年半で285日間、ホテル1泊7万円…

学校法人「文理佐藤学園」の佐藤仁美学園長(同学園のパンフレットから)

 埼玉県内有数の進学校を運営する学校法人「文理佐藤学園」(事務局・同県狭山市)で発覚した創業者の長女、佐藤仁美学園長(44)による約1480万円もの私的流用。外部理事らで構成する調査委員会の調査報告書で明らかになったのは、グローバル人材育成が目的の海外視察で4年間にわたり、高級ホテルへの宿泊や宝石店でのショッピングを学園経費で繰り返してきた乱暴なカネ使いだった。(川畑仁志)

調査委「カジノ利用なし」

 「悪意のほどは分からないが、創業者一族の公私混同といわれても仕方ないほど、学園長のカネの使い方は乱暴だった。普通の組織なら考えられない」。外部理事の1人は仁美氏の私的流用の実態をこう説明する。

 調査委の報告書によると、仁美氏の海外出張は平成24年7月から27年2月まで計9回、費用は計約7150万円に上った。米国本土やハワイ、イギリス、イタリアに計285日間訪れ、滞在が50日間に及ぶこともあった。

 調査委は、私的流用額の算定に当たり、仁美氏の学園長という立場に注目。私立学校法上の役員でも学校教育法上の役職でもない「学園の従業員」(学園関係者)として、一般職員の出張規定で支出できる本来の出張費を上回った約1480万円を流用額と認定した。

 9月4日に行われた仁美氏の父、英樹理事長(80)ら学園側の会見では、仁美氏が米国出張でラスベガスのホテルを3カ所回るなどしたほか、フロリダ州の遊園地「ディズニーワールド」を訪れていたことが明らかにされた。

 「仁美氏の法人カードの明細を調査して判明したが、宝石店やアクセサリー店、ファッション店、飲食店などで私的に使用していたと推測できる。カジノなどギャンブルはしておらず、視察自体は業務と認定しても問題はない」

 調査委員会のメンバーで弁護士の青木二郎氏は会見でこう説明し、「1泊3万円程度なら国外宿泊費として妥当だが、仁美氏は1泊5万円や7万円の部屋に泊まっていた。アメリカ国内の飛行機でもエコノミークラスではなくビジネスクラスを利用していた」と続けた。

このニュースの写真

  • これが教育者なのか?! 文理佐藤学園令嬢の異常な金銭感覚 私的流用計1480万円、海外出張2年半で285日間、ホテル1泊7万円…
  • これが教育者なのか?! 文理佐藤学園令嬢の異常な金銭感覚 私的流用計1480万円、海外出張2年半で285日間、ホテル1泊7万円…

「ニュース」のランキング