産経ニュース

【アメリカを読む】中絶胎児の臓器売買疑惑 共闘が徹底追及 大統領選の争点にも…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アメリカを読む】
中絶胎児の臓器売買疑惑 共闘が徹底追及 大統領選の争点にも…

臓器売買疑惑が浮上した非営利組織「全米家族計画連盟(PPFA)」が関連する医療機関の前で、プラカードを掲げ合うPPFAの支持者と糾弾する人々。疑惑追及には中絶の是非も絡み、大統領選の争点になるとの見方もある=7月28日、米ペンシルベニア州フィラデルフィア(AP)

 米国の医療関連の非営利組織「全米家族計画連盟(PPFA)」が臓器売買に関わっているとされる疑惑が浮上している。PPFAは全米700拠点で乳がん検診や妊娠検査、妊娠中絶措置などの医療行為を行っているが、7月、PPFA幹部が関連医療機関で中絶された胎児の臓器の価格交渉をしているとされる隠し撮り動画がインターネット上で公表された。中絶自体に否定的な保守層からは、疑惑の徹底究明を求める声が噴出。共和党は連邦政府からPPFAへの補助金を打ち切るべきだとの主張を展開し、大統領選の争点になるとの見方も出ている。

隠し撮り動画公開

 隠し撮り動画はカリフォルニア州の市民団体が7月14日にインターネット上で公開した。市民団体は臓器買い取りを希望する医療機関の関係者を装ってPPFAに接触し、PPFA幹部が「臓器1つ当たり30~100ドル」と価格を示唆する様子を撮影した。21日に公開された動画では別の幹部が100ドルを提示し、「私は(高級車の)ランボルギーニが欲しいの」と冗談を口にしている。

「ニュース」のランキング