産経ニュース

【ビジネス解読】安値受注で大赤字! 史上最悪の危機に陥った韓国造船業界 韓国紙まで「原価計算もまともにできない」と痛烈批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
安値受注で大赤字! 史上最悪の危機に陥った韓国造船業界 韓国紙まで「原価計算もまともにできない」と痛烈批判

 建造量の世界トップを中国と競う韓国の造船業が、かつてない苦境に立たされている。韓国造船大手3社の一角を占める大宇造船海洋で巨額の損失隠しが表面化するとともに、安値受注が響いて大手3社は4~6月期にいずれも営業赤字に転落し、営業赤字の合計は4兆7509億ウォン(約4770億円)に達した。「あまりにも深刻。造船が外貨を稼ぐどころか国民の税金で赤字を埋めなければならない産業に転落した」(中央日報電子版)と、韓国内の世論は厳しい。韓国の代表的産業である造船業の失速に、日本の産業界が「他山の石」とすべき点は少なくない。

「マルメの涙」の再現

 「(今の)危機を克服できないかぎり『マルメの涙』は他人ごとではなく、私たちの涙になるかもしれない」

 韓国経済新聞によると、大手3社の一つ、現代重工業のパク・ジョンボン副社長は6月初め、社員にこんなメッセージを送ったという。マルメの涙は、スウェーデンのマルメに本社を置くコックムス造船所が韓国企業に受注を奪われて倒産した上、解体費用が工面できず放置されていた大型クレーンが、たった1ドル(約120円)で現代重工業に売却された出来事を指す。

「ニュース」のランキング