産経ニュース

【国を守り隊】陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【国を守り隊】
陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”

今年6月、国賓として羽田空港に到着したフィリピンのベニグノ・アキノ大統領に対して行った礼砲(陸上自衛隊提供)

 外国からの国賓等が羽田空港などに降り立ったときに、「ドーン」「ドーン」と鳴り響く大砲。海外からの賓客を迎える際に敬意を表すために空砲を撃つ「礼砲」を任務としているのが、陸上自衛隊北富士駐屯地(山梨県忍野村)の第1特科隊だ。国賓等に対する礼砲を行う自衛隊唯一の部隊であり、陸自唯一の“礼砲部隊”である。

 第1特科隊は、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨、静岡の1都6県の防衛、警備、災害派遣などを担う第1師団に属し、大口径の大砲を装備して各部隊を支援する対地火力の骨幹。大砲を主要装備とする部隊とはいえ、礼砲は特異な任務といえる。

空路は陸自、海路は海自が対応

 礼砲は、公式に招待した外国からの賓客に対し、国際儀礼上の必要があると認める場合、国内に到着したときや国内から離れるときに実施される国際的な慣行だ。日本では、空路で入国する国賓等に対しては陸自が実施する一方、海路で訪れる友好国の軍艦に対しては海上自衛隊観音崎警備所(神奈川県横須賀市)に備えられた礼砲台が対応している。

 礼砲の由来には諸説あるが、大航海時代(15世紀~17世紀前半)に軍艦が外国の港に入る際に敵意がないことを示すため、搭載する大砲から空砲を撃ったことが一般的な説とされる。かつての大砲は船体から外へ突き出した砲身の先端から弾を装填していたため、再装填するには船内へいったん砲身を引っ込めた上で砲身内の清掃をするなど現在よりも手間がかかり、即座に連射することはできなかった。このため、空砲を撃つことで敵意のないことを表したとされる。礼砲を撃つ時間帯が国際的な慣行で日の出から日没までの明るいときに実施されているのも、砲身が見える時間帯に行われていた当時の名残とされる。

このニュースの写真

  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”
  • 陸自唯一…礼砲部隊「北富士駐屯地第1特科隊」が羽田で守り続ける“国の威信”

「ニュース」のランキング