産経ニュース

【政治デスクノート】安倍内閣の支持率は本当に底を打ったのか? 実は安倍政権を支持しているのは若者たち

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
安倍内閣の支持率は本当に底を打ったのか? 実は安倍政権を支持しているのは若者たち

 下落が続いていた安倍晋三内閣の支持率が、戦後70年談話の発表を機に反転の兆しを見せ始めている。最大の下落要因と見られている集団的自衛権の行使を可能にするための安全保障関連法案は今月中に成立する見通しだが、果たして支持率は底をうったのだろうか?

 「安保法案成立後に一度、支持率は下落するかもしれないが、もはや底割れするようなことはなくなったのではないか」

 自民党実力者の1人はこう話すが、まずは戦後70年談話発表後に行われた報道各社の内閣支持率を見てみたい。

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が8月15、16両日に実施した合同世論調査によると、支持率は平成24年12月の第2次安倍内閣発足後で最低だった前回調査(7月18、19両日実施)より3・8ポイント上昇し、43・1%まで回復。不支持率は7・6ポイント減の45%となった。

 8月14日に安倍首相が発表した戦後70年談話を「評価する」という回答が57・3%に達するなど、談話効果も大きかったようだ。

 ほぼ同時期に行われた共同通信調査(14、15両日)でも支持率は43・2%と、前回の37・7%から5・5ポイント上昇。不支持率は5・2ポイント減の46・4%となった。また、日本経済新聞とテレビ東京の調査(28~30日)でも支持率は前回よりも8ポイント増の46%に上昇。不支持率は10ポイント減の40%にとなり、再び支持が上回る結果となった。

このニュースの写真

  • 安倍内閣の支持率は本当に底を打ったのか? 実は安倍政権を支持しているのは若者たち

「ニュース」のランキング