産経ニュース

【経済インサイド】「ガラ軽」(ガラパゴス軽自動車)がスリランカで爆売れ! 1台250万円でも「メード・イン・ジャパン」のブランド力は健在

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「ガラ軽」(ガラパゴス軽自動車)がスリランカで爆売れ! 1台250万円でも「メード・イン・ジャパン」のブランド力は健在

「未使用車」を輸出!?

 業界関係者は「日本で届け出(登録)から2年以内の軽が中古車市場にたくさん流通していることも影響しているのではないか」と指摘する。

 昨年以降のスズキとダイハツ工業の激しい首位争いや販売減で、軽業界では販売会社がノルマを達成するため、自社名義でナンバー登録して転売する「未使用車(新古車)」が増加したためだ。

 実際、現地の販売業者のサイトをみると、座席にビニールの包装をした新品同然のスズキの「ワゴンRスティングレー」などが多く掲載されている。

 スリランカに輸出される中古車の特徴が単価の高さだ。登録から2年以内の新しいものが多いためだが、深尾氏によると、日本から海外に輸出される中古乗用車の平均価格は60万~70万円だが、スリランカ向けは150万~200万円で推移している。

「ニュース」のランキング