産経ニュース

【鉄道ファン必見】「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」

JR九州の観光列車「或る列車」=北九州市

 この8月、JR九州で新しい観光列車「或る列車」がお目見えした。担当した工業デザイナーの水戸岡鋭治さん(68)は、豪華列車「ななつ星in九州」をはじめ「ゆふいんの森」「いさぶろう・しんぺい」など多くの列車を手がけていることで知られる。折しも新刊『鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い』の出版記念イベントが開かれ、水戸岡さんが列車づくりの姿勢を語った。(溝上健良)

通勤電車に本革シート

 記者は6年前、鹿児島の離島に出張した際に、九州新幹線に初めて乗った。当時は新八代(熊本県)~鹿児島中央のみが開通していたため、博多から新八代までは在来線の787系特急電車「リレーつばめ」に揺られて行った。この電車も水戸岡さんデザインで十分に豪華な列車だったが、新八代で乗り換えた九州新幹線「800系」電車には度肝を抜かれた。

 JR東海・JR西日本で使われている700系を基に開発されたJR九州の800系には、グリーン車がない。しかし普通車の座席は、グリーン車並みの横4列シートだ(※東海道新幹線の普通車は横5列シート)。しかも木製の椅子に西陣織風のシート地で、背もたれは平均的な大人の男性でも頭が隠れるほど高い。まさに全車両がグリーン車以上の高級感にあふれていたことに驚かされたのを思い出しながら水戸岡さんの新著を開くと「鉄道車両は椅子が命」という章があった。

このニュースの写真

  • 「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」
  • 「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」
  • 「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」
  • 「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」
  • 「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」
  • 「ななつ星」「ゆふいんの森」…JR九州の「顔」を作った工業デザイナー・水戸岡鋭治氏 「通勤電車だからこそ革張りなんだ!」

「ニュース」のランキング