産経ニュース

【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(1)】「阿比留さんだからと逃げることはない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(1)】
「阿比留さんだからと逃げることはない」

インタビューに応じる元朝日新聞記者の植村隆氏=7月30日、札幌市(早坂洋祐撮影)

原川「特にないですよ。まあ7月中ということでお願いしていて、どの日になるか分からないので取りあえず取材に行ける可能性が高い別の者を私の名前とともにお伝えしたところ、たまたまいただいた日にちというのがどうしてもその記者の取材が入っていて動かせないということで。そういう経緯です」

植村「ふーん」

原川「それでじゃあもう一人、原川の他に誰を取材に行かせるかということで阿比留記者になったと…」

植村「ということで」

原川「別の日程であればそのまま…」

阿比留「私は29日または31日だったらダメだったんですよ。今日30日ならあいていた」

植村「ということはもう一人の人は29日も30日もダメだった?」

原川「そうです」

植村「なんとなく裏読みする人がいてですね、阿比留記者が最初から申し込んだら植村が断るんじゃないかと」

阿比留「はは」

植村「なぜそんなことを言うかと言ったら、結構そういうのがやっぱり流れているんですよ。産経新聞から逃げ回っているというのがね。ご存じだと思うんですけれども、そういうのがありまして。僕は阿比留記者だから逃げるということはなくてですね、それは1月9日に名刺交換したとき、阿比留さんがね、『取材しますから』と言って、その後もお待ちしていたんですけれども(取材依頼が)なかったということがあったんで。別に阿比留さんが申し込んでくださっても、植村は別に、もともと逃げてなくてね、産経新聞には回答しているんですからね。その辺のところは正確に把握していただきたい」

元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報のニュース

元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報の写真

  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(10)止】「『歴史戦』やるなら被害者の証言も聞いてほしい」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(9)】「捏造記者というと名誉棄損になると訴えたかった」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(8)】「朝日の侵略戦争の反省を伝えようという作業に誇り」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(7)】「大学には娘を殺すという攻撃があった」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(6)】「意に反して日本軍の性の相手をさせられたというところをずっと書いている」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(5)】「金学順さんに会ったのは、弁護士聞き取りの同席の時だけ」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(4)】「嫁さんとの結婚前から慰安婦取材していた」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(3)】「時代状況を分かってほしいんだ、阿比留さん!」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(2)】「『強制連行』僕は使っていない」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(1)】「阿比留さんだからと逃げることはない」

関連トピックス

「ニュース」のランキング