産経ニュース

【衝撃事件の核心】局部を園芸バサミで切断された弁護士 「機能」は回復するのか? 容疑者は元プロボクサーで慶応大院生 法曹界を目指していたのに…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
局部を園芸バサミで切断された弁護士 「機能」は回復するのか? 容疑者は元プロボクサーで慶応大院生 法曹界を目指していたのに…

ファイティングポーズを取る小番一騎容疑者=所属していたボクシングジムのホームページから

 小番容疑者は当時、呆然とした様子で、切り取った局部については「トイレに流した」と供述。同署によると、“その部分”は、いまだに見つかっていない。

生殖能力に問題なし

 捜査関係者によると、局部は根本の部分を1センチほど残して切り取られていた。陰嚢は残されていたといい、専門医は「不幸中の幸い。生殖能力には問題がないだろう」とみる。その一方で「立って排尿ができないということは男性にとって心理的な負担が大きく、耐え難い屈辱感を生じさせる」と心情をおもんぱかる。

 切り取られた局部は、治療で再生可能なのか。

 千葉県我孫子市の「メンズあびこ駅前クリニック」の石川勝也院長は、「女性が性転換するときに行うような再生手術になる」と話す。再生手術では、本人の腕や肩、腹部や大腿の皮下組織を含めた皮膚を、失った部分の根本に血管をつないで移植する。同様に神経もつなぐことができれば、性交渉も可能だという。ただ、神経をつなぐのはかなり困難で、成功例はごくわずかしかない。

 また性交渉には、局部にある程度の硬度が必要になるため、胸の中心にあって柔軟性が高い肋軟骨などを移植することもあるという。見た目を完全に再現することは難しいという。

このニュースの写真

  • 局部を園芸バサミで切断された弁護士 「機能」は回復するのか? 容疑者は元プロボクサーで慶応大院生 法曹界を目指していたのに…

「ニュース」のランキング