産経ニュース

【日本の議論】のぞき部屋で50万円…あの悪名高い歌舞伎町のぼったくりが風俗業に転向か? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
のぞき部屋で50万円…あの悪名高い歌舞伎町のぼったくりが風俗業に転向か? 

夜の歌舞伎町。ぼったくり関連の相談は減少したが、性的サービスの被害報告は絶えない=東京都新宿区

ぼったくりキャバクラは激減

 歌舞伎町の料金トラブルに関しては、キャバクラ店などのぼったくりが今年に入って大きな問題となっていた。生活安全総務課によると、ぼったくりに関する110番通報は1月からの3カ月間で711件にのぼり、昨年1年間の673件を超えた。その後も増え続け、週末の歌舞伎町交番前は、言い争う店員と客でごった返す事態になっていた。

 この状況を受け警視庁が本腰を入れ始めたのが5月下旬。警察は「民事不介入」が原則だが、交番前に来た客をパトカーで新宿署に移動させ、事件化を視野に事情を聴く方針に転換した。

 約2カ月間の対策で、同庁は14店舗41人を摘発し、廃業した店は24店舗にのぼる。7月の110番通報の件数は、昨年の1カ月平均を下回った。同庁によると、通報がひっきりなしに来る悪質店舗はなくなったという。

 「客が通報しようとしたら請求を諦める店や、立ち入りが入っただけで自ら廃業届を出す店もあった」と捜査関係者。「ぼったくりはもう限界。そういう認識が広がってきたのではないか」と手応えを示す。

「ニュース」のランキング