産経ニュース

【日本の議論】のぞき部屋で50万円…あの悪名高い歌舞伎町のぼったくりが風俗業に転向か? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
のぞき部屋で50万円…あの悪名高い歌舞伎町のぼったくりが風俗業に転向か? 

夜の歌舞伎町。ぼったくり関連の相談は減少したが、性的サービスの被害報告は絶えない=東京都新宿区

 東京・歌舞伎町で、性風俗店の料金トラブルが目立ちつつある。警視庁の対策強化を受け、不当な高額請求をするキャバクラ店などの悪質な「ぼったくり」に関する相談は減少したが、客としてより申告しづらい性風俗店による被害実態は未知数だ。一度摘発された業者が名前を変えて悪質な営業を再開した例もあることから、関係団体は今後も対策を強める方針だ。

押し問答2時間以上

 「話と違った」

 午後10時半過ぎ、レンタルルームから出てきた男性が言い放った。客引きが見せた写真に映っていたのとは違う女性が現れたという。客引きに1万円、場所代4千円、現れた女性に2万7千円と、計4万1千円支払い、「何もせずに出てきた」。男性は怒ったまま店を後にした。

 11時ごろには、のぞき部屋で客と店員の言い合いが始まった。受付で携帯電話を預けずに入店した客に対し、店が50万円を請求している。「そんなルールは聞いていない」と客。「張り紙に書いてある」と店員。平行線のまま午前1時を過ぎ、客3人で計15万円支払うことで決着が付いた。

 2件とも東京弁護士会が設置した相談窓口「ぼったくり被害110番」の弁護士が、通報を受けるなどして店に駆けつけ、店員と客との間に入った。しかし2組とも警察には通報しなかった。

「ニュース」のランキング