産経ニュース

【北海道検索中】札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北海道検索中】
札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…

アンパン道路の終点の小学校の前にある説明書き=札幌市

 札幌市に「アンパン道路」と不思議な名前の付いた道がある。豊平区にある国道36号(通称・弾丸道路)の月寒(つきさむ)中央通7丁目から、同453号の平岸小学校前を結ぶ全長2600メートルの道路だ。

 この道路の工事が行われたのは、明治44年で、工期はわずか4カ月だった。受け持ったのが、当時、駐留していた、陸軍第7師団歩兵第25連隊。

 工事に従事した兵隊たちに、間食として毎日アンパン5つが配られた。

 アンパンといっても、今のアンパンではない。当時、月寒の連隊のなかで菓子を販売していた仙台出身の大沼甚三郎が、東京・銀座でのアンパンの評判を聞いて、自分で想像して作ったものだ。だから、どちらかというと月餅のようなものになっている。それが甘い物が貴重な時代、「月寒あんぱん」として評判となった。月寒地区のアンパンは名物となり、一時は10軒ほどあったという。

 それがアンパン道路と呼ばれるようになった由来だと分かったからには、道路好き、街道好きとしては、一度歩いてみないと気が済まない。

 地下鉄東豊線の月寒中央駅を降りて、地上に出ると、すぐに「アンパン道路」のスタート地点だ。

 まっすぐな道がしばらく続く。丁字路を右折すると、今度は右手に月寒公園を見ながら進む。そしてゆるやかな上り坂となった。

 そもそも、この道路はどうして必要だったのか。

 明治43年に、旧豊平町役場が豊平から月寒に移転したため、平岸の人たちは、役場の連絡道となる新道の開設を要望した。それでこの道を造ることになったという。

 羊ケ丘通りに出る。そこを渡って小さな道を進むと、再び大きな通りに出る。今度は、地下鉄の南平岸駅に向かう。駅を通り越して、平岸小学校のあたりがアンパン道路の終点となる。

このニュースの写真

  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…
  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…
  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…
  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…
  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…
  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…
  • 札幌「アンパン道路」探訪記 明治44年に工期4カ月、全長2600m、不思議名称の謎…

「ニュース」のランキング