産経ニュース

【スポーツ異聞】ヤワラちゃんの旦那は今… 2千安打達成を前に〝黄色信号〟 「代打屋」稼業の悲哀

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
ヤワラちゃんの旦那は今… 2千安打達成を前に〝黄色信号〟 「代打屋」稼業の悲哀

2000安打達成が目前に迫る中、足踏みする「中年の星」谷=ほっともっと神戸

 「代打屋」-。その言葉には、先発メンバーに名を連ねることはできないが、ただ一度の打席に野球人生を賭ける男のロマンと悲哀が漂う。「ひと振りで家族を養う」と胸を張れた時代と違って、代打稼業にスポットライトが当たる機会は少なくなり、その肩身は狭くなっている。代打人生はままならない。「名球会」の資格を得る2000安打の記録達成を目前に“足踏み“する、いぶし銀の42歳・代打屋がいる。

打撃センスは一流でも

 今シーズンの開幕前、2000安打達成の期待がかかる選手リストにオリックス・谷佳知がいた。言わずとしれた、女子柔道の金メダリスト、谷亮子の夫である。名門・尽誠学園(香川)から大阪商大、三菱自動車岡崎をへて、オリックスに入団。その後、巨人→古巣オリックスと渡り歩く。右方向への打撃は天下一品で、右中間を破る二塁打こそ、この男の真骨頂だ。

 プロ19年目。開幕前、大台まで「あと77」に迫っていた。時間の問題かと思われたが、ポジション争いが激化する中で42歳の出場機会は激減。当然のことながら、代打や指名打者(DH)での起用が多くなってきた。中日・和田一浩や楽天・松井稼頭央とともに大台到達に期待が持たれたが、2人に先を越されてしまった。

「ニュース」のランキング