産経ニュース

【暮らしの注意報】SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【暮らしの注意報】
SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”

 「東京近郊からでも、普段行ったことのない渋谷などの都心部などに遊びに行けば、知らない土地に行くのと変わらない。複数の友人で遊びに行っても、中途半端に知っている場所だから、という安心感もあり、かえって危ないケースもある」といい、普段訪れない繁華街に遊びに行く際には、「どこへ行くのかをきちんと保護者が把握しておく必要がある」と玄さんは繰り返す。

契約書をよく読むと…

 また、こんな事例もある。

 路上でスカウトされた18歳のフリーター、ユキエは事務所に所属しようと思った。日頃、怪しいスカウトには注意していたが、そのときの相手はきちんと名刺も出してくれた。

 「大スターを目指すなら別だけど、今は君みたいな親近感のある子の方が求められているよ」

 事務所でそう説明を受けた。以前からタレントになることが夢のひとつだった。歌、ダンス、芝居などさまざまなレッスンを受けさせてくれるのも魅力に感じた。レッスンで学んだことをいつか生かそう、それくらいの気持ちで事務所所属登録の契約書に自分の名前を書き込んだ。

 数日かけて、レッスンみたいなことをひと通り受けた。思ったよりも厳しくなく拍子抜けだったが、こんなものかと自分を納得させた。

 その後、「最初の仕事。グラビアの撮影だよ」と言われて、行ったスタジオで渡されたのは、極小のビキニだった。

 「これ、ちょっと出ちゃいそうで…」。さすがに無理だと思い、仕事を断ろうとしたところ、「もし帰るつもりなら、ここにいるスタッフの手当て、それにこれまでのレッスン代も、全て払ってからにしてくれ」と撮影側のスタッフにすごまれた。

このニュースの写真

  • SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”
  • SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”

「ニュース」のランキング