産経ニュース

【暮らしの注意報】SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【暮らしの注意報】
SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”

 「ごめんね、変なことされなかった?」と姉に聞かれたが、2人は「大丈夫」と答えた。今度は友達という1人の男がサエとシオリに紹介された。ホストと名乗るその男は、年上だが世代も近く見た目も爽やかな感じと2人は思った。サエは嫌な思いをした後だけに、魅力を感じた。男は「ダンスで芸能界を目指してるんだ」と話し、養成所に通うための授業料稼ぎにホストをやっているという。“タレントの卵”と知り合えたことは2人を舞い上がらせた。

 「おばさんの相手なんて嫌だけど、お金がいるから。たまには君たちみたいな子と普通に遊んだりしたいよ」。2人は未成年ながら男が勤める店に行った。「今日は知り合えたサービスだから」と勧められ、少しお酒も飲んだ。サエは男に耳元で「とってもかわいいよ、今度は2人で会いたいな」とささやかれた。

 シオリに気付かれないように、メルアドの交換もした。何度か会ううちに、サエはホストの男から「レッスン代がいくらあっても足りないよ。もう少し頑張ればチャンスも見えてくるのに」と金を求められるようになった。何度か金を渡したが、それでも続く。嫌気が差し、「もう会わない」と告げると、最初のときから何度か通った男のホストクラブの料金を請求された。法外な額が記してあった。

 ホストクラブの関係者というこわもての男らも、その頃から現れるようになった。「手っ取り早く返したいなら、仕事を紹介する」といわれた。誰にも相談などできず、紹介された仕事をすることにした。それがデリヘル嬢だった。サエはいや応なく風俗の道を歩まなくてはならなくなった。

このニュースの写真

  • SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”
  • SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”

「ニュース」のランキング