産経ニュース

【ビジネス解読】超遅いのに風が吹くと浮き上がらない韓国版「リニア」またも延期の“七転八倒”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
超遅いのに風が吹くと浮き上がらない韓国版「リニア」またも延期の“七転八倒”

営業運転開始がまたもや延期された韓国版リニモ「仁川空港マグレブ」(youtubeより)

 風雨による運行への影響についても「通常の鉄道よりもむしろ風に強いのではないか」(同社)という。車両は宙に浮いた状態だが、風にあおられてレールからずれそうになると、センサーが検知して電磁石が強く働き、車両を元に戻す仕組みだという。技術やノウハウに裏付けされた信頼性の高さは、韓国版リニモの追随を許さない。

迫る中国、来年にも実用化

 韓国が足踏みを続ける間に、中国では来年にも中国版リニモが開通する予定だ。中国国営新華社通信は2月、都市型低速リニアの商業運転を、来年にも湖南省で行うと伝えた。現在建設中の路線は韓国版リニモの3倍にあたる約19キロで、最高時速100キロでの運行が可能だという。同様に新華社によると、北京市内初の低速リニア「S1線」の建設も、4月にほぼ全面的に始まった。

 すでに上海では、ドイツの技術移転による上海トランスラピッドという高速リニアモーターカーが商業運転を行っている。要素技術には違いがあるものの、一定のノウハウは蓄積されており、中国版リニモの開通は時間の問題とみられる。

 日中韓の各国は、いずれも鉄道輸出を国策として進めている。その中で「自国技術」にこだわった韓国の劣勢が鮮明になりそうだ。(U)

このニュースの写真

  • 超遅いのに風が吹くと浮き上がらない韓国版「リニア」またも延期の“七転八倒”

「ニュース」のランキング