産経ニュース

【衝撃事件の核心】被災地の「救世主」だったバングラデシュ人、犯罪者に転落 同郷の部下をこき使っていた手口 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
被災地の「救世主」だったバングラデシュ人、犯罪者に転落 同郷の部下をこき使っていた手口 

 経営するホテルを東日本大震災の避難所として開放して感謝されていた人物は、4年後に不正を暴かれて逮捕された。警視庁は7月、不法入国した外国人を都内に住まわせたとして、入管難民法違反幇助(ほうじょ)の疑いで、バングラデシュ国籍の男(48)=東京都港区港南=を逮捕した。多くの人を救った「救世主」の心温まるストーリーの裏には、パスポートの偽造や賃金不払いといった実態があったようだ。

「日本に恩返ししたい」

 栃木県日光市。中禅寺湖畔の「アジアンガーデン」。風光明媚(ふうこうめいび)な土地にあるこのホテルは、平成23年3月の東日本大震災発生から間もなくして、避難を余儀なくされた福島県民を受け入れる1次避難所となっていた。特に介護が必要な高齢避難者を多く受け入れ、経営する男はボランティアとともに懸命な支援を行った。

 「バングラデシュが洪水の被害に遭ったとき、一番先に支援の手を差し伸べてくれたのは日本でした。自分ができることで恩返しがしたいんです」

 男の善行は多くのテレビや新聞で報道された。寝たきりの高齢者を抱えた家族は当時、なかなか避難先が決まらなかったことなどから、「本当にありがたい」と深く感謝されていた。

親子装い在留資格を取得

 警視庁が入国管理局から情報を受けたのは昨年5月。男について、「嘘の書類をつくり、たくさんの身内を偽装家族として入国させている」といったものだった。

 捜査を進めると、男は17年からホテルやレストランを日光市や都内などで展開。その従業員を、不法入国の外国人らで賄っていたことが判明した。

続きを読む

「ニュース」のランキング