産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】見分けがつかぬ中国共産党と日本の野党による集団的自衛権批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
見分けがつかぬ中国共産党と日本の野党による集団的自衛権批判

 参議院で7月27日に始まった安全保障関連法案の審議を聴こうとテレビをつけ机に向かったが、中国が発した日本の集団的自衛権批判を扱う番組と勘違いし、チャンネルを替えようと振り返って驚いた。参院本会議で質問に立つ民主党の北澤俊美氏(77)が映っているではないか。北澤氏はこう言った。

 「憲法違反の法案、立憲主義を理解しない首相。この組み合わせが安全保障法制だ」

酷似の集団的自衛権批判

 北澤氏の質問は、中国国営新華社通信が発信した中国共産党のプロパガンダにソックリだった。安保関連法案が衆院平和安全法制特別委員会で可決(7月15日)されるや、新華社は速報で批判を繰り広げた。

 《広く違憲と考えられている/(成立後)海外の武力衝突地域で、自衛隊がより大きな任務を果たすことを許す/憲法第9条は明らかに自衛隊の海外での戦闘と集団的自衛権行使を禁じている/日本政府は制約を撤廃すべく違憲解釈をした》

「ニュース」のランキング