産経ニュース

【劇場型半島】今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【劇場型半島】
今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ

「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産登録が決まった山口県の萩反射炉と満開のサクラ

 日本製ランドセルを軍国主義の象徴だと非難した韓国紙が今度は、サクラを「軍国主義の象徴だ」として、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)周辺にサクラを植える提案にかみ付いた。意外にも「自分のものにできないから騒いでいる」と反論したのが中国の団体だった。中韓は最近も「自国がサクラの原産地だ」と論戦を展開。ただ、世界的に「サクラをめでる文化=日本」との認識が定着するなか、可憐(かれん)な花さえ民族主義の型にはめる主張には、韓国内からも異論が出ている。(桜井紀雄)

安倍政権が「歴史ロンダリング」企て?

 「ほかでもない戦争犯罪を扱う国際刑事裁判所をサクラで囲もうという試みは、日本が『戦争加害者』としての歴史を水に洗い流そうとしているからだ」

 韓国の最大手紙、朝鮮日報は最近、ICCの新庁舎の周囲にサクラの木を植えようという日本側の提案に、韓国側が「絶対反対」の声を上げているとするコラムを掲載し、反対理由についてこう解説した。

 コラムは、同紙政治部長が執筆。(1)日本は「天皇のためサクラの花びらのように散れ」と若者らを扇動(2)神風特攻隊の機体にサクラが描かれていた(3)軍人の階級章もサクラだ(4)女性が学徒兵にサクラの枝を渡して戦場に送り出した-と列挙し、「日本のサクラは、近代の歴史で軍国主義の象徴だった」と論じた。

このニュースの写真

  • 今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ
  • 今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ
  • 今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ
  • 今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ
  • 今度はサクラを標的「軍国主義の象徴だ!」 中国も“反韓”参戦「原産地奪えず」腹いせだ

「ニュース」のランキング