産経ニュース

【経済インサイド】万年筆に「自分の色」のインクを セーラーは工房開設 インクブレンダーが好みの色を配合

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
万年筆に「自分の色」のインクを セーラーは工房開設 インクブレンダーが好みの色を配合

インク工房でインクを混ぜながら、お客の好きな色を創り上げるセーラー万年筆のインクブレンダー石丸治氏(左から2人目)=東京都千代田区

 石丸氏にオリジナルインクを求めるのは個人だけではない。神戸市のナガサワ文具センターは、セーラーからOEM(相手先ブランドによる生産)調達して19年、オリジナルインク「Kobe INK(神戸インク)物語」(50ミリリットル)を発売した。

 阪神大震災からの復興を目的に、神戸の街並みを色で表現。「六甲グリーン」「波止場ブルー」「旧居住地セピア」の3色からスタートし、今や52色まで拡大した。6月に売り出した最も新しいインクは「塩屋ヴィンテージセピア」と名付けられたように、名前は神戸の魅力をイメージしたものばかり。

 ナガサワの竹内直行商品開発室長は「神戸の美しい街並みが好きで、その地域の色を求めてきた結果、万年筆インクでは断トツの色数を誇るまでになった」と振り返る。その上で、街の活性化に向け「続けてほしいという地元の声に応えるため、石丸氏とは次の色も打ち合わせ中」と53色目に取り組む。

 国内外から引き合いも徐々に増加。竹内氏は「国内はブルー系が売れ筋だが、珍しい色も人気で全体的に底上げしている。手作りなので需要に追いつかず品切れの色もある」という。

このニュースの写真

  • 万年筆に「自分の色」のインクを セーラーは工房開設 インクブレンダーが好みの色を配合
  • 万年筆に「自分の色」のインクを セーラーは工房開設 インクブレンダーが好みの色を配合
  • 万年筆に「自分の色」のインクを セーラーは工房開設 インクブレンダーが好みの色を配合

「ニュース」のランキング