産経ニュース

注目のハーフモデル、マリーさんがNPO団体立ち上げ 「肌の色でいじめ」乗り越え子供たちを支援

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


注目のハーフモデル、マリーさんがNPO団体立ち上げ 「肌の色でいじめ」乗り越え子供たちを支援

いじめや貧困などで苦しむ子供を支援するNPO団体を立ち上げたハーフモデル、マリーさん

 人気ファッションショー「東京ガールズコレクション」にも出演する注目のハーフモデル、マリーさん(26)。肌の色の違いからいじめられた経験をバネにモデル業界で挑戦を続ける傍ら、いじめや貧困などで苦しむ子供を支援するNPO団体を立ち上げた。子供たちに「夢を持って、挑戦することが大事」とエールを送る。

 「肌の色が原因で、小学校から中学までいじめに遭っていました」

 マリーさんは、雑誌やテレビ、イベントなどで活躍。昨年はモデル業界で一つの“登竜門”ともされるファッションショー「東京ガールズコレクション」(TGC)への出演を果たすなど、いまモデル界で注目されている一人だ。すっと通った鼻筋に、切れ長の目。笑ったときの、太陽のように明るい表情が周囲をひき付ける。

 マリーさんは、日本人の母と、セネガル人の父との間に生まれた。周囲と肌の色が異なったことから、小中学校でいじめの対象に。家庭でも両親ともに不在にしていることが多く、「子供時代は辛かった」と振り返る。進学した国際高校は多様性のある環境で、ようやく「自分らしく過ごすことができた」という。

「ニュース」のランキング