産経ニュース

【日本の議論】刀剣女子、今度は水戸に殺到 大人気「燭台切光忠」に感涙

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
刀剣女子、今度は水戸に殺到 大人気「燭台切光忠」に感涙

オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する、擬人化された「燭台切光忠」(C)2015 DMMゲームズ/Nitroplus

 水戸市見川の「徳川ミュージアム」に女性が殺到している。お目当ては9月2日まで期間限定で展示されている日本刀「燭台切(しょくだいぎり)光忠」だ。今女性に大人気のオンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」には燭台切光忠を擬人化した美男子キャラクター(刀剣男士)が登場しており、「実物」を前に涙を流す女性もいる。こうした「刀剣女子」は全国に“出没”しており、実は茨城県に大挙して訪れるのも初めてではない。

想像以上の美しさ

 展示初日の7月11日。展示室には、若い女性がひしめき合っていた。燭台切光忠は、同ミュージアムの常設展示「水戸徳川家の名宝展」の中で、太刀「児手柏(このてがしわ)」とともに展示されている。

 「見られると思っていなかったのでうれしい。黒いところもまた格好いい」

 同県ひたちなか市から来たという会社員の女性(25)がそう語れば、都内から来た会社員の女性(26)は感激のあまり涙を流しながら、「想像以上に美しくて感動しました。被災しても、水戸徳川家が大事に保管しておいてくれたおかげです…」。

 写真撮影を禁止しているため、女性たちは燭台切光忠の来歴や説明書きを必死に書き写すなど、展示室は独特な雰囲気に包まれた。結局、初日の来館者は300人を超えた。6月の平均来館者数は1日あたり約60人。通常の約5倍が来館したことになる。

 開館1時間前の午前9時には行列ができていたため、本来10時の開館時間を9時半に前倒しする異例の措置をとったほどだ。一番早い人で、午前7時過ぎには並んでいたという。

 女性たちがこれほどまでに、燭台切光忠に注目するのは、DMMゲームズがインターネットで配信しているゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の影響が大きい。

 同ゲームは、名刀を擬人化したキャラクター(刀剣男士)を収集、育成して自分だけの部隊をつくり、合戦をさせるというもの。刀剣男士たちの端正なビジュアルと、人気声優の起用などから女性が注目し、現在100万人以上にダウンロードされている。

このニュースの写真

  • 刀剣女子、今度は水戸に殺到 大人気「燭台切光忠」に感涙
  • 刀剣女子、今度は水戸に殺到 大人気「燭台切光忠」に感涙
  • 刀剣女子、今度は水戸に殺到 大人気「燭台切光忠」に感涙
  • 刀剣女子、今度は水戸に殺到 大人気「燭台切光忠」に感涙

「ニュース」のランキング