産経ニュース

【疑惑の濁流】怪文書から始まったプロボクシング界の泥仕合 JBC事務局長解雇訴訟はついに最終ラウンドへ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【疑惑の濁流】
怪文書から始まったプロボクシング界の泥仕合 JBC事務局長解雇訴訟はついに最終ラウンドへ

「早く復帰して貢献したい」と語る安河内剛氏

 国内のプロボクシングを統括する「日本ボクシングコミッション」(JBC、東京都文京区)の元事務局長解雇をめぐる裁判が泥沼化している。1、2審は「解雇権の乱用」として、JBCに、元事務局長を元の立場のままで復帰させるよう命じたが、JBCが不服として最高裁に上告し、裁判は最終ラウンドにまでもつれ込んだ。現場トップの事務局長はプロボクシング運営に欠かせないが、“怪文書”から端を発した騒動に、関係者からは「始まりは内ゲバ。早く収拾しなければ選手がかわいそう」との声が上がる。

分裂騒動…業界混乱

 JBCに解雇無効を求め訴えているのは安河内剛氏(54)。平成2年からJBCで働き始め、国際部長などを歴任、18年から現場トップにあたる事務局長に就任した。

 問題の発端は平成23年4月18日。安河内氏に関する“怪文書”がJBCの各事務所や全国のボクシングジムに送られた。当然、差出人は不明だ。

 怪文書には、安河内氏が(1)JBC内部で不正経理を行って、個人的に流用している(2)関係のある女性を不正に職員として登用した(3)私利私欲にボクシングを利用している(4)部下への過度なパワハラが繰り返されていた-などとする内容が記されていた。

 その後、5月にJBCが調査委員会を設けて、内容を調査したが、6月28日には「一部、部下への接し方に行き過ぎがあった」としつつも、怪文書の内容が事実に反すると結論づけた。

「ニュース」のランキング