産経ニュース

【クルマの未来 フォルクスワーゲンの挑戦(中)】ブランド浸透へタブー破る 日本独自の戦略に着手

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クルマの未来 フォルクスワーゲンの挑戦(中)】
ブランド浸透へタブー破る 日本独自の戦略に着手

「フォルクスワーゲン(VW)フェスト」で新型車を前に来場者とかけ声をあげるVWグループジャパンの庄司茂社長(手前・右から4人目)=5月、東京・お台場

 「皆さんが少しでもゴキゲンになって帰ってもらえれば幸せです」

 5月16日から2日間、東京・お台場の特設会場で開催された「フォルクスワーゲン(VW)フェスト」で、日本法人VWグループジャパンの庄司茂社長はこう観客に呼びかけた。

 「ゴキゲン♪ワーゲン」

 今年4月から日本独自に始めた広告やブランドイメージを伝える際のスローガンは、VWのタブーを破ったものだ。

 ワーゲンはドイツ語で「車」そのものを意味する。「大衆の」を意味するフォルクスと一体でなければ、本来の意味をなさない。それでも庄司は、「響きもいいし、口ずさんでもらいやすい」と押し切った。独自のブランド改革の背景にあるのは、日本市場に対する危機感だ。

かつてはドイツ本社が主導

 かつて、VWの各国の販売戦略はドイツの本社が主導する形で行われた。日本の輸入車販売で15年連続の首位を獲得した。しかし「ビートル」や「ゴルフ」など一部車種は認知度が高い半面、ブランド全体でのイメージは他の輸入車に比べて「薄かった」(庄司氏)という。

このニュースの写真

  • ブランド浸透へタブー破る 日本独自の戦略に着手

「ニュース」のランキング