産経ニュース

【舛添知事定例会見録】JSCの有識者会議は「隠れ蓑」 「私のような無識者もいる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
JSCの有識者会議は「隠れ蓑」 「私のような無識者もいる」

定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=7月17日、新宿区の東京都庁

 「それから、いつも言うように、7月7日の有識者会議は最終決定する場所ではありません。6月29日にもう政府が決めているのです。ただ、いわゆる有識者会議の意見は聞きましょうと。あの中でもいろいろな反対意見が出たのですが、最後の言葉は、有識者会議の佐藤禎一委員長が『文部科学省とJSC(日本スポーツ振興センター)が決めます』ということを明言しているわけです。皆さん、現場にいたから分かっていると思いますよ。フルオープンだからメモをとって、録音しているはずですよ」

 「これはあくまで国立ですから、お国が決められることなので。私はとにかく主催地の東京の知事として、ずっと前から『できるだけの協力をしたい』と言っているので。その協力の対応はどうするかというのは、今日、どういう見直しとどういう変更をなされるかを聞いてから、また考えるということに尽きると思いますが…。『あんまり楽しい気分ではありませんね』ということは申し上げておきたい」

 --大会を成功に終わらせるためにはどうしたらいいか。

 「国民的な大事業で絶対、成功させないといけない。それから、五輪・パラリンピックと並んでサッカーW杯、ラグビーW杯、これは3大イベントです。その3つのうちの2つが東京にやってくる。しかも8万人の席をやろうというのは、8万人ならサッカーW杯も来るよと。これはすばらしいじゃないですか。東京にスポーツの最大イベントが来るということは。だから、そういう思いで皆でまとまらないといけないところなのです」

 「とにかく五輪は間に合うが、ラグビーW杯に間に合わないというのは、2日前のキックオフイベントって何だったんだということで、ラグビーの選手に何の罪もないのですよ。ラグビーW杯の方が先に決まっていたわけでしょう。それで、ラグビーは最大6万人しか要らないのです。決勝戦や開幕戦でも8万人は要らないわけですよ。8万人というのはサッカー、五輪も含めてなので。やはりそういうところを全部、気配りをしてやらないと。『こんな朝令暮改をやるな』って言いたい。あらゆるところに目配り、気配りをして、皆が良い思いになるようにしないと。そのみんなが良い思いのときには、どなたかだけ100%、良い思いをしてはだめです。みんな2割ずつ我慢するから、僕らはこれでいいよ、僕らはこれでいいよと言って8割、7割ぐらいで結束を固めるというのが一番いいので」

「ニュース」のランキング