産経ニュース

【北海道検索中】日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北海道検索中】
日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か

苫小牧駅近くの道路。このあたりは線路と並行し、すぐ横を道が延びる

 途中の踏切で何度も上下方向を確認するが、やはりどこまでも直線の線路が続いている。林のそばでは、カササギを見かけたり、カラスの幼鳥が飛ぶ練習をしていた。

 苫小牧駅を出てすぐに、巨大な製紙工場が行く手を阻むように現れる。が、ここでも線路は脇目も振らず伸びる。

 空を見ると、虹が出ていた。それがいつも見る虹のアーチではなく、直線だ。自分の目を疑った。

 この虹、あとで分かるのだが、太陽方向の空の低い位置に水平の虹色の帯ができる現象で「環水平アーク」というのだとか。太陽が高い位置にあり、高さが10キロほどの薄雲がかかるなどの条件がそろったときに、雲の中の氷粒が太陽光をプリズムのように屈折させることからできるのだという。

 直線を歩き疲れていて、「なんだ、虹まで直線かよ」という言葉が自然と口から出てきてしまった。

 途中、海のそばを歩く。天気は良いが、海は波がかなり高い。

 脚が痛いが、立ち止まると、もうそのまま動けなくなりそうなので、ゆっくりと歩き続ける。

このニュースの写真

  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か
  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か
  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か
  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か
  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か
  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か
  • 日本最長の鉄道直線区間「白老-沼ノ端間」28.7キロ踏破に挑戦…空に現れた直線の虹は幻覚か

「ニュース」のランキング