産経ニュース

【ビジネス解読】中国ネット通販で日本ブランド引く手あまた 甘い誘いに潜むリスクとは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
中国ネット通販で日本ブランド引く手あまた 甘い誘いに潜むリスクとは…

家電量販店で買い物する春節休暇中の中国人旅行客。ネット通販サイトに日本企業が進出すれば、売り上げアップが期待されているが…=2月、東京都千代田区

 天猫国際は、中国法人がなくとも日本法人での出店が可能なほか、日本の商標で販売ができる。有力メーカーや国内のECで実績のある企業などを対象に100社を出店させる方針という。

 中国の通販サイトが日本企業に注目しているのは、日本製品の品質の高さにある。おむつなどのベビー用品や家電などのデジタル製品などのブランド品が売れ筋だ。国際間の取り引きサイトを持つネット通販業者は中国国内に約5000社あり、中国人のインターネットの普及を考慮すれば成長市場としての伸びしろもある。

お寒い中国ネット通販事情

 とはいえ、中国のネット通販業界や国の通関業務は健全な状態からほど遠いとの指摘は根強い。

 消費者保護などを管轄する中国国家工商行政管理総局の発表によると、2014年に受理したネット通販に関する苦情は、前年比3倍以上増え、7万7800件に上ったという。中国内陸部などでは物流網が整備されておらず、発送してから数カ月経ってようやく消費者の手元に届くケースも散見されるという。

「ニュース」のランキング