産経ニュース

【プロ野球通信】強打・森友哉の秘密は「股関節」にあり 腰の高さが好不調を左右

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
強打・森友哉の秘密は「股関節」にあり 腰の高さが好不調を左右

重心を低くした西武・森の個性的な打撃フォーム

 その一方で、森の課題についても坂元コーチは鋭く切り込む。

 「疲れが出てくると、森の場合はどうしても(腰の)沈みこみが甘くなる。打撃フォーム自体も股関節周辺にストレスがかかりやすいので、体の“軸”をしっかりと意識させ、股関節周辺をしっかりとケアできるようにさせていきたいですね」

 試合前の練習の合間には、坂元コーチとともに体幹トレーニングに必死に取り組む森の姿がしばしば見受けられる。長丁場のシーズンの中で豪快な打撃を維持するためには、当然ながら日ごろの鍛錬とケアが欠かせないのだ。

 「(球宴では)フルスイングでホームランを狙いたい」と堂々と宣言した森。上背はなくても、強靭(きょうじん)な肉体と確かな技術をもってすれば豪快な本塁打が打てることを、大舞台で証明する。

このニュースの写真

  • 強打・森友哉の秘密は「股関節」にあり 腰の高さが好不調を左右

「ニュース」のランキング