産経ニュース

【ウイークリーワールド】英の名門「イートン校」、中国へ「出前講座」 オンラインで指導者育成 巨大教育市場に食指

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ウイークリーワールド】
英の名門「イートン校」、中国へ「出前講座」 オンラインで指導者育成 巨大教育市場に食指

授業の合間にイートン校の構内を歩く生徒たち。黒い燕尾服、チョッキ、ピンストライプのズボンに白いタイは、何世紀も変わることがない伝統の制服で、中国人の多くが憧れている=9日、ロンドン西郊(ロイター)

 英国の各界指導者を輩出してきた名門「イートン校」が、9月から中国の高校生を対象にしたオンライン講座を開講すると発表した。リーダー育成を目的とした内容で、まず中国の約10校と提携し、英国の本校からも教師を派遣するという。背景には、イートン校やハロー校といった英国のパブリックスクールと呼ばれる男子全寮制の中高一貫私立校が、中国の富裕層にとって「子供を一番通わせたい学校」となってきている事情がある。また、世界的にインターネットを利用した教育システムが拡大する中、巨大教育産業市場として中国が持つ魅力に、超名門校がひかれたという側面もあるようだ。

首相19人輩出の名門

 イートン校は、ロンドン西郊のバークシャー州イートンに位置し、英国王ヘンリー6世によって1440年創立された。生徒は13歳から18歳の約1300人で、英国紳士を育成することで知られるパブリックスクールの中でも筆頭格とされる。卒業生の大半は英2大名門大学であるオックスフォード大かケンブリッジ大に進学し、これまでに現在のデービッド・キャメロン首相(48)を含めて歴代19人の英首相を輩出してきた。英王室とも縁が深く、ウィリアム王子(33)とヘンリー王子(30)の母校でもある。

「ニュース」のランキング