産経ニュース

【ロケ地巡りの旅】日光・明智平 生き延びた光秀が名を残した説も ドラマ「おかしな刑事」では転落死事件の舞台

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ロケ地巡りの旅】
日光・明智平 生き延びた光秀が名を残した説も ドラマ「おかしな刑事」では転落死事件の舞台

明智平展望台から、中禅寺湖、華厳の滝を望む=栃木県日光市

 数多い日光の観光スポットの中でも、抜群の眺望を誇るのが、第二いろは坂をほぼ上りきった地点にある明智平である。東武グループの日光交通(日光市)が運行する明智平ロープウェイで3分、標高1473メートルの展望台に上がれば、男体山や中禅寺湖、周囲の雄大な山並みのパノラマが一望できるが、何といっても中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝が絶景だ。

 展望台は同ロープウェイの駅の屋上だけで、それほど広くないし、周囲は木々に囲まれ、山中に続く登山道があるだけ。しかもクマに関する注意書きがものものしい。

 だが、展望台は東西に視界が開けている。中禅寺湖は西側。山々に囲まれ、海のような青さが際立ち、湖がぽっかり天空に浮かぶ。華厳の滝はその下の深い緑から97メートルを一気に流れ落ちる。展望台からは1キロ先なのだが、轟音(ごうおん)も絶え間なく聞こえる。

 なぜ、ここが明智平なのか。日光のガイドブックやロープウェイの案内板には、名付けたのは、徳川家康のブレーンで日光東照宮造営にも関わりが深い天海大僧正だとしている。織田信長に謀反を起こし、豊臣秀吉に敗れた明智光秀が実は生きていて、天海と名を変え、家康に重用された。そして、日光山貫主として日光に赴いた際、自分の本当の名を残したいと考え、最も眺めの良い場所を「明智平」と命名したとの説だ。

 もちろん俗説だが、これが堂々と解説されている。昔の人が絶景に感動しすぎて、尾ひれが付いたのか。あまりの絶景に何か理屈を付けたくなったのか。面白さが多角的に広がっていいと思う。いけませんかね。

 父娘刑事の長期シリーズドラマ「おかしな刑事」(テレビ朝日)でも、転落死した犠牲者が残した「あけちの」の言葉から「天海=明智説」に結びつき、土曜ワイドらしい展開でドラマが進む。

 秋の紅葉の名所で、いろは坂の渋滞が名物になっているほどだ。日光市日光総合支所観光課によると、今の時期もハイキングに適しており、行楽客でにぎわっている。(宇都宮支局 水野拓昌)

このニュースの写真

  • 日光・明智平 生き延びた光秀が名を残した説も ドラマ「おかしな刑事」では転落死事件の舞台

「ニュース」のランキング