産経ニュース

【夜の政論】「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【夜の政論】
「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」

安保国会での自民党の「弛み」を語る民主党の枝野幸男幹事長=東京・平河町の「すわ庵 貝坂店」(酒巻俊介撮影) 安保国会での自民党の「弛み」を語る民主党の枝野幸男幹事長=東京・平河町の「すわ庵 貝坂店」(酒巻俊介撮影)

 今国会の最大の焦点となっている安全保障関連法案は衆院採決の機運すらない。「自民党は弛んでいる」と皮肉ってみせるのは、民主党の枝野幸男幹事長だ。永田町の論客として知られるが、つきまとう「左派」のイメージを嫌う。「私こそ日本流保守。安倍晋三首相は保守ではない」-。驚きの言葉の真意に迫った。

 枝野さんと待ち合わせたのは、東京・平河町のそば店「すわ庵貝坂店」。店内で毎日打つコシの強い手打ちそばが自慢だ。

 「普段は肉食」という枝野さんだが、豊富な和の食材と日本酒、国会から車で5分という近さにひかれ、同僚議員らとたびたび店を訪れるという。

 確かに枝野さんの注文は、高知産のカツオ刺し、旬のタケノコとアスパラなどの野菜の天ぷら、岩手産「菜彩鶏」の塩焼き…など日本酒に合いそうなものばかり。こよい選んだ宴席の友は、宮城県塩釜市の純米吟醸「浦霞禅」の冷や酒だ。

 「司法修習生時代、仙台市で先輩弁護士に飲ませてもらった『浦霞禅』で、日本酒に目覚めました。東北大の学生だった頃は安酒しか飲めず、日本酒が大嫌いだったのですが、この酒は雲泥の差。宮城の誇りです」

 きりっと冷えた「禅」は雑味がなく、すっきりした味わい。丸みを帯びた純米酒独特のうま味が舌先を楽しませる。梅雨時のうっとうしさを癒やすにはぴったりだ。

 今夜の枝野さんは、お会いしたときからすこぶる機嫌がいい。脳裏にあるのは当然ながら安保法案。安倍首相の命運がかかるはずなのに、なぜか自民党に「自爆ミス」が目立つからだ。

このニュースの写真

  • 「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」
  • 「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」
  • 「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」
  • 「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」
  • 「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」
  • 「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」

「ニュース」のランキング