産経ニュース

【経済インサイド】「ソウルでSuicaを…」経済不振の韓国が期待する「日韓ICカード」相互利用へ 冷え切った両国関係では実現性低し!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「ソウルでSuicaを…」経済不振の韓国が期待する「日韓ICカード」相互利用へ 冷え切った両国関係では実現性低し!?

日本のスイカ(下)と韓国のTマネーカード(寺河内美奈撮影)

 双方の規格が共通であることから、ユン教授は「連携を妨げる通信技術的な問題は基本的に存在しない」と言い切る。

 NFC技術を使った実用先行事例もある。韓国ロッテグループのイービーカードが展開するプリペイド型電子マネーサービス「モバイルcashbee」がそれだ。韓国版の「おサイフケータイ」ともいうサービスで、ロッテグループのデパートやコンビニ、タクシーなど7万を超える店舗などで利用できる。

 NTTドコモやKDDIなど日本の携帯電話事業者が、モバイルcashbeeをスマートフォンで利用できるアプリを開発し、これを使えば、日本人韓国客が韓国でもおサイフケータイを利用できる。こういったNFC活用での日韓連携の実績も、スイカとT-マネー連携に追い風になるとみている。

市場性に疑問符

 日韓経済人会議では、韓国側の出席者から「両カードの連携は両国のオリンピックでのICT(情報通信技術)分野の連携につながる」といった歓迎の声があがった。韓国側が積極的なのは景気が低迷し、利下げを繰り返している韓国経済をなんとしてでも浮上させたい、という思いが背景にある。

「ニュース」のランキング