産経ニュース

【秘録金正日(30)】北朝鮮版「紅衛兵」、未婚男女をけしかけ権力層を刷新 「党問題は正日同志に集中させよ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【秘録金正日(30)】
北朝鮮版「紅衛兵」、未婚男女をけしかけ権力層を刷新 「党問題は正日同志に集中させよ」

平壌の万寿台の丘にある金日成とみられる銅像前に立つ金正日=北朝鮮刊行の『時代の星』(1984年)から 平壌の万寿台の丘にある金日成とみられる銅像前に立つ金正日=北朝鮮刊行の『時代の星』(1984年)から

全党員に「赤手紙」

 「紅衛兵」と称する若者らが傍若無人に振る舞い、中国社会を混乱に陥れた文化大革命のように、北朝鮮でも、最高指導者の権威をかさに着た大胆不敵な「小組員」の派遣が、各地で騒動を引き起こした。

 小組員の権限の大きさに関して、元外交官、高英煥(コ・ヨンファン)の手記に以下のようなエピソードが紹介されている。

 73年末、国際関係大学にも三大革命小組員が派遣された。小組の責任者は25歳の女性で、学長があまり相手にしなかったところ、小組員らが学長室に押し掛けてきた。

 女性責任者が「学長は酒におぼれて職務を全うしていない」との報告を金正日に上げ、処分が下ったというのだ。事態の深刻さに気付いた学長から助けを求められた党書記の金永南(ヨンナム)が正日に直接、掛け合い、ようやく処罰を免れたという。

 正日は73年7月の党中央政治委員会で、宣伝扇動部長就任が決まる。1カ月後の政治委員会拡大会議では、党中央委書記に推薦する案件が討議された。

 9月に開かれ、ほぼ2週間続いた党中央委第5期7次会議で、組織指導部長兼組織・思想担当書記に選出された。宣伝扇動部と組織指導部のトップ、2つの党書記という党中枢の最重要4ポストを独占した。

秘録金正日のニュース

このニュースの写真

  • 【秘録金正日(1)】最後の電話は「正恩へのいらだち」 愛娘と禁断のワインを手に…

「ニュース」のランキング