産経ニュース

【キラリ光るBS・CS】デビュー36周年で再ブームを呼んだ田原俊彦 歌謡ポップスチャンネルがその魅力を徹底特集

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【キラリ光るBS・CS】
デビュー36周年で再ブームを呼んだ田原俊彦 歌謡ポップスチャンネルがその魅力を徹底特集

歌謡ポップスチャンネルで6月21日に放送される「TOSHIHIKO’S ENTERTAINMENT 抱きしめて to LATE SHOW」 photo:西岡浩記

 「トシちゃん」の愛称で親しまれているアイドルスター、田原俊彦(54)。記者会見での「ビッグ」発言などが物議をかもしたこともあったが、最近はバラエティー番組に相次いで出演するなど、“再ブーム”が到来している。歌謡ポップスチャンネルは6月の毎週日曜午後9時から、「週刊 田原俊彦」と題し、関連番組を集中放送している。番組からは、トシちゃんの色あせない魅力が見えてくる。

 「待っていてくれるファン、彼女たちがいるから、ステージに立っていられる」

 5月に東京都内で開かれた番組の記者会見で、田原は感慨深そうに語った。

 田原は昭和54年スタートのドラマ「3年B組金八先生」への出演を皮切りに、「たのきんトリオ」の一人として一世を風靡(ふうび)。歌手としてヒット曲を連発する一方、俳優としても「教師びんびん物語」をはじめとするトレンディードラマで活躍した。

 事務所の移籍や記者会見での「ビッグ」発言などで一時、メディア露出が減った時期もあったが、近年は歌番組への出演に加え、バラエティー番組でベテランのお笑いコンビをいじるなど、活躍の場を広げている。

 5月の記者会見では、田村は同席したタレント、クリス松村の股間をタッチするなど、やりたい放題。クリスが「ひどい! まだ誰のものでもないのに」と絶叫すると、いたずらっぽい表情を浮かべていたという。

 今年、デビュー36周年を迎える田原。今回の企画の目玉は、6月21日放送の特番「TOSHIHIKO‘S ENTERTAINMENT 抱きしめてto LATE SHOW」。新たに収録した歌謡エンターテインメントショーで、田原が鋭いダンスを披露している。

このニュースの写真

  • デビュー36周年で再ブームを呼んだ田原俊彦 歌謡ポップスチャンネルがその魅力を徹底特集
  • デビュー36周年で再ブームを呼んだ田原俊彦 歌謡ポップスチャンネルがその魅力を徹底特集

「ニュース」のランキング