産経ニュース

【日本の議論】刀剣男士ブームで、茨城・結城の「御手杵の槍」に女子が殺到 記念撮影会には1978人

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
刀剣男士ブームで、茨城・結城の「御手杵の槍」に女子が殺到 記念撮影会には1978人

天下三名槍のひとつ「御手杵(おてぎね)の槍」を擬人化したキャラクター「御手杵」。その端正なビジュアルが〝刀剣女子〟ブームに一役買っている=(C)2015 DMMゲームズ/Nitroplus

 茨城県結城市にある展示施設「結城蔵美館」に女性が殺到している。お目当ては常設展示されている天下三名槍(さんめいそう)の一つ「御手杵(おてぎね)の槍(やり)」のレプリカ。若い女性に大人気のゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に御手杵の槍を擬人化した美男子のキャラクターが登場するためで、5月23日に行った槍に触れて記念撮影ができる「握手会」には約2000人の女性が詰めかけた。人口約5万人のこの市は今、全国区になりつつある。

 「刀剣乱舞-ONLINE-」はDMMゲームズがインターネットで配信しており、名刀を擬人化したキャラクター(刀剣男士)を収集、育成して部隊をつくり、合戦をさせるという内容だ。刀剣男士の端正なビジュアルと、人気声優の起用などから女性が注目し、1月の配信開始から4カ月で利用者数が100万人を突破した。

 御手杵の槍も、同ゲームで「御手杵」という名前で擬人化されたことで人気に火がついた。同館にレプリカが常設展示されているとツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で情報が回り、1月には820人だった同館の入場者は、3月には1629人に増加した。

 「女性客が増えたので不思議に思っていた。ゲームの存在をお客さんに聞いて、とても驚いた」

 そう語るのは同館の宮本敏男主任。想定外だった。

 そして迎えた5月23日のイベント。記念撮影会自体は隣接する別会場(旧黒川米穀店)で行われ、この日だけで、結城蔵美館にはなんと1978人が来場した。

 限定250組(1組最大5人)の撮影権を狙って、抽選開始の午前9時には、女性約300人の長蛇の列となり、あまりの盛況ぶりに、前場文夫市長が急遽(きゅうきょ)登場して挨拶までする事態に発展。さながら市を挙げての一大事となった。

このニュースの写真

  • 刀剣男士ブームで、茨城・結城の「御手杵の槍」に女子が殺到 記念撮影会には1978人
  • 刀剣男士ブームで、茨城・結城の「御手杵の槍」に女子が殺到 記念撮影会には1978人
  • 刀剣男士ブームで、茨城・結城の「御手杵の槍」に女子が殺到 記念撮影会には1978人

「ニュース」のランキング