産経ニュース

【スポーツ異聞】八百長大国・韓国、サッカー、テコンドーに続きバスケットも 「儒教文化」が温床か…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
八百長大国・韓国、サッカー、テコンドーに続きバスケットも 「儒教文化」が温床か…

アジア大会で優勝した韓国バスケットチーム(中央日報のホームページから)

 前回、韓国の国技テコンドーを巡る八百長疑惑などの不祥事を取り上げたばかりだが、韓国紙・朝鮮日報は5月26日、「韓国プロバスケ監督に八百長疑惑、近く聴取へ」と報じた。2011年に発覚したサッカーKリーグの八百長事件で41人が関与し、国際サッカー連盟(FIFA)から永久追放され、政府は罰則を厳格化し対処したはず。文化、経済的な根本的な理由が潜んでいるようで、韓国メディアは「毎年往年のスポーツ選手が不正のために逮捕されていくのが韓国の現実だ」と嘆くだけで、自殺者も出る八百長疑惑に効果的な対処法がない状況をうかがわせる。

 朝鮮日報によると、私設スポーツくじの業者に対する捜査の過程で八百長疑惑が判明したようだ。現職のプロバスケットボール監督は今年2月、自分のチームの試合結果を予想する違法なくじに3億ウォン(約3300万円)を賭け、第3、4クオーターにレギュラーではなく、補欠を出場させて10点差以上でわざと負けたという。監督は負け予想によって2倍以上の配当を得たという。監督は試合の2日前にヤミ金業者から3億ウォンを他人名義の銀行口座を利用して借りたと報じる。

 中央日報の13年9月の報道によると、13年までの2年間で、野球・サッカー・バスケット・バレーという韓国四大スポーツすべてで八百長が行われたという。11年に発覚したKリーグの八百長は15試合に及び、41人が関与。選手と監督に自殺者も出た。

儒教の影響が強く、先輩・後輩の間柄から不正の誘いを断り切れず…

「ニュース」のランキング