産経ニュース

【防衛最前線】(30)垂直離着陸輸送機V22オスプレイ 「飛行機+ヘリ」の強み、離島防衛や救急患者輸送に活躍期待

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線】
(30)垂直離着陸輸送機V22オスプレイ 「飛行機+ヘリ」の強み、離島防衛や救急患者輸送に活躍期待

安倍晋三首相も出席した航空観閲式で展示された米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイ(奥)=平成26年10月、茨城県小美玉市の航空自衛隊百里基地(鈴木健児撮影) 安倍晋三首相も出席した航空観閲式で展示された米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイ(奥)=平成26年10月、茨城県小美玉市の航空自衛隊百里基地(鈴木健児撮影)

 固定翼機であればスピードが出るが、垂直離着陸はできず、滑走路や海上に降りなければならない。ヘリコプターであれば空中に静止するホバリングが可能だが、素早く目的地点にたどり着くことはできない。

 固定翼機とヘリの長所を生かし、短所を解消したのが、陸上自衛隊が導入を計画する垂直離着陸輸送機V22オスプレイだ。陸自は平成30年度までに17機購入する。

 米海兵隊仕様は「MV」と呼ばれ、米空軍仕様は「CV」。自衛隊は単純に「V」と表記している。27年度予算では5機分を計上し、南西諸島防衛のため新設する「水陸機動団」を輸送するため、佐賀空港(佐賀市)に配備する方針だ。

 「わが国をめぐる安全保障状況が厳しさを増している中において、国民の命と幸せな暮らしを守っていく大きな責任がある。オスプレイは、島嶼(とうしょ)防衛能力を強化するため自衛隊への導入を図る」

 安倍晋三首相は2月5日の参院予算委員会で、オスプレイを保有する意義をこう説明した。尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む南西諸島は中国の領土的野心にさらされており、これに対処するためオスプレイが必要というわけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • (30)垂直離着陸輸送機V22オスプレイ 「飛行機+ヘリ」の強み、離島防衛や救急患者輸送に活躍期待
  • (30)垂直離着陸輸送機V22オスプレイ 「飛行機+ヘリ」の強み、離島防衛や救急患者輸送に活躍期待

「ニュース」のランキング